晴れのち曇り時々しっぽ
相棒はシェルティのウィンザー。たまにMMOのシルクロードオンラインに出現します。

プロフィール

windsor

Author:windsor
windsor(ウィンドソーではないっ!)
イギリスの地名です。

相棒はシルバーシオン犬舎からやってきた、ウィンザー。(わんこの名前とハンドルネームが一緒なのでややこしいですが)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

犬をかってみよう!<購入先は?>

2006/12/02(土) 06:30:00
犬を飼おう!と思ってもいろんな疑問があると思います。

どこで買えばいいの?
犬を飼うのに何が必要なの?
どんな犬にしよう?

私がシェルティのウィンザーに出会うまでをちょっとづつ書いていこうと思います。

まず、犬を飼おう!となった時に、どこから犬を手にいれるか?についてです。


<犬をどこから購入するか>

1.ペットショップ
2.ブリーダーとの仲介業者
3.ブリーダー

4.ネットオークション

5.保健所や保護団体の譲渡会

6.知り合いから



結論からいえば、我が家ではブリーダーさんを選択しました。




1.ペットショップについて

 現在の日本の流れからいくと、割と一般的かもしれません。
良心的なお店にあたれば、その後もペットフードや用品の相談にのってくれるでしょう。流行でない犬種の場合、1匹とかしかいないので、選べないという欠点があります。

 一方で、悪いお店にあったった場合、その犬種の特性(運動量が必要・大きくなる・服従がはいりにくいなど)をちゃんと説明されずに売りつけられてしまった。血統書が届かない。はじめから感染症にかかっていた、などのトラブルがあります。


 ちなみに私はペットショップにはちょっと反対かな。
 (さきにお断りしておきます。良心的なペットショップも存在します。)

 私はペットショップの抱える問題として、
  1.飼育環境
  2.売れ残りの行方
 があると思っています。


 というのも、子犬は小さければ小さいほどかわいいため、ペットショップに陳列される際には、本来母犬と一緒に過ごす時期を狭いショーウィンドウにいれられて過ごさなくてはいけません。売れ残った際も狭いケージで何ヶ月も閉じこめられたまま成長します。

 イギリスではこれ自体、虐待では?という考えから、ある程度大きくならないとペットショップにならべてはいけないという法律があります。また狭いショウウィンドウ型のペットショップはあまりありません。


 こちらのサイトに関しては賛否両論ありますが、こんな記事もあります。
 http://www.tanteifile.com/tamashii/scoop/0303/27_01/index.html

 現在、動物愛護法により、ペットショップから保健所への払い下げは禁止されていますが・・・。
 ネット上では、売れ残りが実験施設や保健所はもはや都市伝説という話と、闇で払い下げが続いているという話もあり実際はどうなのか。こればかりは関係者じゃないとわからないですね^^;


 まぁ、はじめに書いた犬の購入先のうち、5や6はそうでもないですが、他は犬は商品として扱われます。そのなかでも、特にペットショップは商品としての色合いが濃いのでは?と思います。




2.ブリーダーとの仲介業者

 この場合、子犬はブリーダー宅で育ちますから、ペットショップの抱える飼育環境の問題についてはパスできます。

 ただし、そのブリーダーが俗に言う悪徳ブリーダー(繁殖屋・パピーミル)でなければ。

 ブリーダーと称する人の中には、本当にその犬種に惚れ込んだ人から、ともかく流行の犬を繁殖させて儲けようとする人まで様々です。

 これもまた犬のサイトでは有名な記事です。
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/wanlife/

 左下の写真にちらっと犬舎がうつっています。どろどろの整備もされてない犬舎、親犬はブラッシングもされず・・・。こんなところで生まれた子犬かもしれません。子犬の写真はきれいだった!とかは判断になりません。だってこういう人にとっては子犬はお金なんですから。そりゃみためはきれいにしてあります。親犬はお金をうませる道具といったところでしょう。
 
 子犬が健康でない、とかの問題ではなく、このようなところから購入することは、不幸な犬を増やす結果になります。

 仲介業者さんがしっかりしているかどうか?これを見極めるのはかなり難しいと思います。




3.ブリーダーについて

 これまたややこしいことに一口にブリーダーといってもたくさんあります。大きくわけると、全犬種を扱ってる大規模のブリーダーと1~2犬種だけ扱ってるブリーダーです。またバックヤードブリーダー(裏庭をつかって繁殖する、お小遣い稼ぎのいわば素人ブリーダー)という言葉もあります。

 くれぐれも、2であげたパピーミルやバックヤードブリーダーに引っかからないでください。それを避けるためには、実際にブリーダー宅を訪れ、犬舎の見学や犬へのいろいろな質問ブリーダーになげかけてみてください。

(その犬種についての知識は前もってある程度勉強していきましょう。本気でその犬に取り組んでいる方に、とりあえずきてみましたーではちょっと失礼かもです。それと、いい加減なことをいう素人ブリーダーを見抜く手助けにもなります。)

 良いブリーダーと悪いブリーダーの見分け方などは、ネットや本にたくさん書かれているので、そちらを探してみてください。


 私としては、犬の繁殖にはものすごく知識が必要→あまりにもたくさんの犬種を扱ってるのは・・・ちょっと不安?と思ったりします。





4.ネットオークションについて

 どこにいても気軽に手に入る。通常の価格より安く手に入ることが多い。などのメリットがあります。
 
 一方でトラブルがとても多い気がします。
 というのも、犬舎やブリーダーを確認しようがないわけですから、2や3で紹介した繁殖屋や素人ブリーダーに当たってしまう可能性大です。写真の犬と送られてきた犬が違う、犬が送られてこない、写真に写っていない欠点があった等があります。

 個人的には大反対の購入方法です。(まぁ、どうしてもって事情の方もあるかもですが)これから15~20年は一緒に暮らす相手なわけですから、実際に会いにいくぐらいの労力は惜しまないで欲しいと思います。ましてや流行の犬を格安で手にいれよう・・・なんて考えはしないで欲しい><





5.保健所や保護団体の譲渡会

 保健所や保護団体では、捨てられた犬などを希望の人に譲っています。審査があったり、セミナーの参加の義務づけがあるところもあります。

 こんな記事も・・・
 http://living-with-dogs.com/modules/xfsection/article.php?page=1&articleid=1014

 広島のドッグパークのような事例もあります。(これはTVで放映されたから知ってる人多いんじゃないかな?)
 http://arkangels.blog34.fc2.com/blog-entry-265.html

 広島のドッグパークについて知らない方はこちら
 http://ark-angels.jp/dogpark/index.html
 (注記がある以外にも一部ショッキングな写真が含まれます)


 
6.知り合いから

 母犬とともにいることが多く、飼育環境は整っているといえるでしょう。相手についても知っているわけですから、安心な方法です。

 ただし、むやみに繁殖するのは避けましょう。
 うちの子とBさんちの子は気が合うから子供でも~、なんて気軽には行わないでください。繁殖にはちゃんとした知識が必要です。


 

 さぁ、犬を飼おう!と思ってもいろいろな購入先があります。それぞれの購入方法には、それぞれのメリットとデメリットがあります。もし犬の購入先を迷われているようでしたら、ぜひたくさんの本やサイトをみてください。
スポンサーサイト
Dog 犬選び!TB:0CM:3
コメント
わんわんわん。
はあ。
ペットショップで一万円シェルティーの話を読んで、思わずため息がでてしまいました。
店で売れ残った犬って以外に多いよね…(涙)
思わずウィンザーさんの家がシェルティーだらけになったのをちょっと想像してしまいました。
朝起きたら部屋にぎっしりシェルティー、廊下にもぎっしりシェルティー、洗面所にも、台所にも玄関まであふれんばかりのシェルティー…ちょっと幸せだけど、抜け毛がすごくてぜん息になるね(笑)。

そんな中、シェルティーにまつわる(?)小話を一つ。

先日、昼休みに銀座をぷらぷらしておったのですよ。
そんで信号が青になるのを待ってたら、目の前に廃品回収のトラックが止まったのですよ。運転手は五十代のおじさんで、仕事中らしく、作業着を着ておりました。
ここまでなら別に不思議はないんですが、なんとその助手席にシェルティーの姿が。
立派な犬でしたよ。ほっそい顔付きに、見事なふさふさの毛が生えて。
で、なぜかしっぽの毛だけが先っぽを残して刈り取られて
いて、ライオンみたいになってました(笑)
おじさん、すごくその子を大事にしているようで、車内で何かと話しかけてましたよ。そして思わず犬に見とれていた私を見つけると、ニヤリと笑っておりました。
思わず和みましたね、はい。

ウィンザーのしっぽもライオンカット、どうですか?
ジャック in 銀座 #-|2006/12/02(土) 11:26 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2006/12/02(土) 18:24 [ 編集 ]
レス
ジャック in 銀座さん>家がシェルティで埋め尽くされるなんて夢のようです(*^ω^*)

銀座の運転手さんいいかんじですね><そんな犬ライフがあこがれです。私とウィンザーとあうんの呼吸で行動できるようになる日が果たしてくるのでしょうか?

なにせ散歩していても、
▼・ェ・▼   ちょっwww 急にまがるな、ぼけっ!
(`・ω・´)    どっちむいてるのwww とろいっ!
こんなありさまです・・・。

ライオンカット・・・・夏になったら挑戦してみようかなw


Sさん>うわぁ、そのネット購入の人悲惨だね@@;
連絡先ですが・・・どこに???書いてないよー。また管理人のみ閲覧でいいので、アド貼っておいてください^^
windsor #SFo5/nok|2006/12/03(日) 00:06 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://windsor2.blog64.fc2.com/tb.php/78-5f161ecc

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

フリーエリア

Copyright(C) 2006 晴れのち曇り時々しっぽ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。